読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nomadic Lifeという生き方

国を超えて多拠点生活を目指す奮闘記

逆説のスタートアップ思考

逆説のスタートアップ思考

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

 

前々回も紹介したこの本ですが、Kindle版が出てたので、読みました!

スタートアップは、直感的に見えて、実は反直感的でなければならないであるとか、「競争」をする時点で負け犬だとか。

スタートアップの見方が変わる本でした。

 

感想

f:id:keisuke_chiba:20170404093752j:plain

スタートアップは、指数関数的に成長曲線を描くというのは真理ではあるのですが、初めからスケールを考えるのではなく、「いかにスケールしないか」が重要と言うのが、なるほどなぁと思いました。

未完成でいいから市場に少しでも早くプロダクトを出して、検証する際にいきなりスケールしてしまえば、ユーザーに対して密着したカスタマーサクセスはできないし、顧客満足度も下がってしまいます。しかも、悪い口コミまで出かねないです。

だからこそ、最初は小さく初めて周りのユーザーがプロダクトを使って達成させたいゴールを一緒に伴走するぐらい関わることで、自分たちのプロダクトを愛してくれる熱烈なファンができるのだと痛感しました。

 

中でも、成功しているスタートアップは、サイドプロジェクトとして始まっていると言うのが面白かったです。

AppleYahoo!GoogleFacebookTwitterもSlackもGitHubもサイドプロジェクトとして、始まってここまで成長してきたみたいです。

サイドプロジェクトをできるだけ長く続け、できるだけ会社化を先延ばしにすると言うことも逆説的に書かれていました。

確かに、法人化してしまうと、登記までの手続きや財務などのバックオフィス、雇用関係など様々な業務が増えます。そうすると、本来プロダクトを作ったり、カスタマーサクセスにリソースを割かなければいけないのに、その他の業務に時間もお金もかかってしまいます。

 

できる限り法人化しないでスタートアップを行うという選択肢は、斬新でありながら本質的に思えました。

 

ぜひ、興味のある方は読んでみてください。

 

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

 

 

今回紹介した本は、元々はスライドシェアで馬田さんが紹介したものが出版化されたものです。

このスライドに乗っていないことも書籍の『逆説のスタートアップ思考』には入っているので、スライドを読んで興味がある方にはおすすめです。

指数関数的な飛躍型企業を創るには

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

  • 作者: サリム・イスマイル,マイケル・S・マローン,ユーリ・ファン・ギースト,ピーター・H・ディアマンディス,小林啓倫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

この本は、めちゃくちゃ勉強になりました。 

20世紀までは直線的な企業成長が一般的でしたが、21世紀の企業は、指数関数的な成長を遂げています。インターネットの登場により、物質社会から情報社会へと移り変わってきました。

この本では、シンギュラリティ大学で教えている21世紀型の経営理論が紹介されています。

 

シンギュラリティ大学とは

f:id:keisuke_chiba:20170331144214j:plain

そもそもシンギュラリティ大学とはなんだ思われるでしょう。

ウィキペディアによると

シンギュラリティ・ユニバーシティは、アメリカ合衆国シリコンバレーを拠点とする教育機関である。ユニバーシティと名が付いているが、独自の校舎もなく学位の授与もない。

と書かれています。

シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイル氏やヤフーの社内インキュベーター、ブリックハウスを立ち上げたイスマイル・サリム氏が創立した大学です。

本書によると、

シリコンバレーにあるNASAリサーチパークの敷地内に置かれ、大学院生向けのプログラムやエグゼクティブ向けのプログラムなど、様々なカリキュラムを提供している。

ただ、柔軟なカリキュラム設定をしているので、大学として認定は受けていません。そのため、学位などは与えられませんが、最先端の技術動向を学べ、世界トップクラスの研究者や経営者とネットワークが構築できるとあって人気を集めているそうです。

 

 

シンギュラリティとは?

f:id:keisuke_chiba:20170331144710j:plain

シンギュラリティってなんなの?となっている方もいるかと思います。

シンギュラリティとは、『特異点』という意味です。特異点というのは、今までの想像を超越するような現象が起きることを言います。

ここで言われているのは、技術的特異点のことで、最近話題の人工知能(AI)やブロックチェーンなどテクノロジーにおいての特異点のことです。

 

 シンギュラリティは、2045年に起きるだろうと言われ、45年問題と言われることがありますが、レイ・カーツワイル氏の新しい見解によると、テクノロジーの発展が加速していおり、2029年にシンギュラリティが起きるそうです。

シンギュラリティは、刻々と向かってきています。

 

 

飛躍型企業とは 

f:id:keisuke_chiba:20170331145309j:plain

本書では、

飛躍型企業 (Exponential Organization, ExO)

加速度的に進化する技術に基づく新しい組織運営の方法を駆使し、競合他社と比べ て非常に大きい( 少なくとも10 倍以上の)価値や影響を生みだせる企業。

 と定義されています。

 

指数関数的な成長を成し遂げる飛躍型企業は、スタートアップのみならず、中小企業・大企業そして、 政府までもが可能であると言っています。

 

そして、その具体的なメソットが本書では書かれています。

具体的な内容は書けませんが、飛躍型企業(アップルやグーグル、ウーバー、エアービーアンドビー....)の事例をあげながら、「どんな経営理論を用いるのか?」「どんな指標を用いるのか?」「どのような思考法なのか?」などについて書いてあります。

 

飛躍的成長を実現させたい方必見ですよ! 

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

  • 作者: サリム・イスマイル,マイケル・S・マローン,ユーリ・ファン・ギースト,ピーター・H・ディアマンディス,小林啓倫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 合わせて読みたい本としては、エリック・リース氏のリーンスタートアップですね。

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

 

 

 

ばーちーの成績を丸裸!!

こんばんは!

 

やっと、大学の成績開示が行われました。。。

大学生なのに、色々と課外活動をしていると、決まって言われるのが「大学行ってんの?」「単位取れてるの?」とか「学生は学業が仕事!」とか色々心配されることがあります。

心配いただいてありがとうございます。

 

そんなわけもあって、成績をここで大公開したいと思います笑

 

いきなりですが....

f:id:keisuke_chiba:20170328203219p:plain

 

早速、公開します笑

 

みなさんの大注目、GPAですが、2年間で2.97です。

(良くも悪くもない成績でつまらないですね笑)

期待させちゃってすみませんwwwww

 

 

一年生の春に、第二外国語のドイツ語を落としちゃったので、こんな感じですw

いや〜ドイツ語が難し過ぎて、もう嫌になっちゃう。。

でも、3年生からは、必修の語学がなくなるので一安心です。

 

卒業まであと何単位?

f:id:keisuke_chiba:20170328203736p:plain

卒業単位数が、134単位です。

2年間で、86単位取得したので、残りは、48単位です!!!

 

私は、就職活動をしないので、この48単位を均等に分けようかと思っています。

なので、1年あたり24単位でOKなんです!!

ということは、1コマ2単位なので、半期で6授業(年間12授業)で済んでしまいます!

 

結論、卒業できます。

安心してください。卒業できますよ!

 

 

卒論は?

f:id:keisuke_chiba:20170328205108j:plain

卒論は、ありません!!

 

どういうことかというと、明治大学では、ゼミに入ると卒論を書かないといけないんです。ということは、ゼミに入らなければ、卒論を書かなくても卒業ができます。

 

そもそも、なんでゼミに入るのか?

・専門的な勉強ができる

・プレゼン能力を上げられる

・論文が書けるようになる

・新しい友達を作れる

・大学生らしい活動ができる

・教授と仲良くなれる

・就職活動に優位になる

 

みたいなところだと思います。

 

そう考えると、私にとってメリットよりもデメリットの方が大きいと判断したので、入らないことにしました!

 

最後に

f:id:keisuke_chiba:20170328205910j:plain

 

安心してください。卒業できます!

 

絶品、新潟タレカツ丼!

新潟タレカツ丼とは?

f:id:keisuke_chiba:20170325115001j:plain

開港五港のひとつ「みなとまち」新潟市は、古くから西洋料理の盛んな街。
その新潟市で長いあいだ食されてきたのが卵でとじない「タレかつ丼」です。
タレかつ丼は、揚げたての薄めのとんかつを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせただけのシンプルなもの。
日本人の大好きなタレ味と西洋料理のとんかつとが、炊きたての新潟米の上で一つになった新潟市発祥のかつ丼です。

*1

 

カツ丼といったら、とんかつを卵で閉じたイメージしかなかったので、とても新鮮でした。新潟カツ丼は、特製ダレにさっとくぐらせたヒレカツをホカホカの新潟米の上に乗せるカツ丼です。

イメージしただけでも、よだれが......

特製ダレの絶妙な甘さが癖になる味でした。

一度お試しあれ!

メニュー

f:id:keisuke_chiba:20170325115132j:plain

今回はディナーだったこともあってか、カツ丼が1,030円(税込)だったので、ランチでいった方がお得ですよ!

 

 

どこにあるの?

f:id:keisuke_chiba:20170325115348j:plain

店舗は、神保町・吉祥寺・渋谷・中野にあるらしいです。

今回は、渋谷店に行ってきました!

JR渋谷駅から徒歩3分、京王井の頭線渋谷駅西口から徒歩1分という好立地!

 

f:id:keisuke_chiba:20170325115423j:plain

内装もおしゃれでした!混雑していましたが、回転率が早いので、すぐに席に座ることができました。

 

 

お持ち帰りもできるようです!

ぜひ、おためしあれ!

未来のキャリア、カスタマーサクセスとは

カスタマーサクセス(Customer Success)とは

f:id:keisuke_chiba:20170324162831j:plain

日本では、馴染みの薄い職業ですよね。CSと聞くと、カスタマーサポートというのが一般的ではないでしょうか。

じゃあ、カスタマーサポートとカスタマーサクセスって何が違うの?という疑問が生まれると思います。

カスタマーサポートは、顧客満足度を高めることがメインの仕事であり、企業にとってはコストセンターでした。

その一方、カスタマーサクセスは、『顧客の成功』がメインの仕事であり、企業にとってはプロフィットセンターです。

 

カスタマーサクセスでは、カスタマーサポート時代よりも顧客体験を重視し、顧客に寄り添い、顧客の成功にコミットすることで、持続的にサービスを使ってもらうことを目的にしています。

 

なぜ、カスタマーサクセスなのか?

f:id:keisuke_chiba:20170324163300j:plain

カスタマーサクセスに移行してきた背景として、サブスクリプション時代が到来したことが挙げられます。

サブスクリプションサービスは、一回こっきりでは収益化はできません。顧客には、半年から1年ぐらい継続して利用してもらう必要があります。

そうなれば、自然と顧客に寄り添い「なぜ、Aさんは弊社のサービスを使うのか?」「どんな課題を抱えているから弊社サービスを使っているのか?」と顧客の真の課題に向き合うことで、顧客との信頼関係が生まれ、継続的に利用してもらうことができます。このようにして、カスタマーサポートからカスタマーサクセスに移行してきました。

旧来の「所有」時代においては、顧客が購買するまでが重要でした。しかし、サブスクリプションによって、顧客との関係性は購買時点から始まるようになりました。

 

逆説的なカスタマーサクセス

f:id:keisuke_chiba:20170324164139j:plain

カスタマーサクセスの重要性と背景について理解ができたところで、2017年3月23日に行われた、Customer Success Cafeのイベントの議事録の一部を公開します!!

 

顧客を絞る

間違った顧客を獲得するから90%が離脱する。正しい顧客を捕まえるためにも、顧客を絞り込む。

 ”VP of Salesにも継続率のKPIを!”

カスタマーサクセスは目的地ではない。旅路である。

道筋を整理して、カスタマージャーニーを設計する。

 

TTFV(Time to First Value)

いかに最初にサービスの価値を感じてもらうまでの時間を最短にする

マジックナンバーを設定する(どこまで利用すると、継続してくれるのかの指標のこと)

 

 

サービスレベルを下げる

戦略とは「やらないことを決める」こと

独自の価値独自のやり方を決めること。

 

戦略キャンバスを作る。(低価格なら質を下げてメリハリをつける)

逆張りをする。

 

 

 

カスタマー・サクセス・エンジニアリング

プロダクトの改善とCSの改善のためにテクノロジーを持ちうる。

開発ツールの開発を自社で行って、作業効率を上げる。(ユーザーが増えても少ない人員でできる)

いかにテックタッチに移行していくのかが重要。(ローコストで顧客サポートをする)

 

 

テクノロジーで、対応のスピードを高めることができる(5分以内に顧客に対応できるようにすると離脱しない)

 

 

ジャストインタイムでカスタマーサクセスを行うためにもユーザーの利用データが必要。

ソフトウェアエンジニアがカスタマーサクセスマネージャーになる方が迅速に顧客サポートが進む。

 

セルフサービスは、顧客自身も求めている。

 

 

 

カスタマーサクセスが失敗できる環境も作らなければいけない。

作業の自動化なので一回の試行速度をあげて、失敗コストを下げると同じだけの時間とコストでできる挑戦の総量を増やすことができる。

 

ゆとりを持つと例外に対応できる。(テクノロジーを活用)

例外や割り込みに対応できる。失敗と挑戦ができる。大きな改善が可能になる。

 

カスタマーサクセスの意味

・理念&哲学

(理念と哲学を持ったカスタマーサクセスができるように。)

・ビジネスモデル

 

“カスタマーサクセス”=”キャリアサクセス”

『急激に変わる環境を逆にうまく利用して急成長するのがスタートアップである』短期間で一気にスケールする

 

スタートアップのアイデアの逆説

・一見不合理なアイディアを選ぶ

→悪いように見えて、いいアイデア

良さそうなアイデアからは、急成長は生まれない。

狂ったアイデアを選ぶ

スタートアップは極めて反直感的。

 

・まだ小さい市場を狙う

→大きく見える市場はベテランが狙ってくる。大きな市場には大きな企業が攻めてくる。小さい市場には、大企業は入ってこない。

 

指数関数的に急成長な成長は最初はゆっくりと、その後突然伸びるように感じる。

伸びるちょっと手前で、サービスを出すと一気に伸びる。

 

市場が今後急成長するかを知るには自分だけの「秘密」として捉える。

 

スタートアップにとってアイデアは、「考え出すのではなく、気づくこと」が大事。

 

カスタマーサクセスという職業は、これからトレンドになるキャリアになりうるとイベントで感じました。

日本には、まだまだ少ないキャリアなので、今のうちにカスタマーサクセスの経験を積めば、将来的にも役に立ちそうですね。

興味のある方は、カスタマーサクセス担当者のバイブルと言われている馬田さんのスライドも是非ご覧ください!

 

昨日のイベントのスライドも早速シェアされていたので、合わせてチェックしてみてください!

 

 

馬田さんの最新本も是非!

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ 578)

 

 

リモートワーク時代到来!

肩をすくめるアトラスを読んだことで、読書力がついたのかもしれません。

 

keisuke-chiba.hateblo.jp

 

1日で、本1冊読めるようになりましたw

 

 

 

 強いチームはオフィスを捨てる

 

f:id:keisuke_chiba:20170323183050j:plain

 

この本は、リモートワークについての本です!

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

 

 

表題を見るからに、「37シグナルズってオフィスないんだ」と思いますが、実際はあるそうです。

でも、お金の余裕が出てきたから、ちょっとしたオフィスを持つようになったそうです。

 

オフィスって実際必要ない時代になったというのもありますよね。

 

この本は、オフィス全否定ではなく、働きやすい方法は人それぞれだから、オフィスでもいいし、リモートでもいい。

社員が働きやすいようにフレキシブルに対応しよう!という発想でした。

 

確かにその通りですよね。

全社員強制リモートワークって、オフィスが大好きな社員にとっては辛いですから。

 

この本で、「面白いなぁ」と思ったのが、世間一般では、リモートワークにすると社員は働かなくなるという考えが根強いですが、実際は、働きすぎに注意が必要と言っています。

確かに、仕事とプライベートが曖昧になるので、いつでも仕事している気分ですよね。

数日前に、私もFacebookで投稿しちゃってましたが。。。

働き過ぎを防ぐ方法として、週40時間に制限するという方法を本書では言っていました。

 

 

企業側から考えてみると、オフィスの維持費用に使っていた費用をリモートワーカーの福利厚生に当てるという発想も面白かったです。 

例えば、社員に、家族旅行のチケットをプレゼントするとか、休暇のための支援金を与えるとか。

 

 

リモートワークができる業種も限られるのは確かですが、存在感を出す鍵は、目に見える成果というのは当たり前ですが、その通りですね。

 

WeWorkのようなコワーキングスペースが増えているのも事実ですし、リモートワークを認めて「オフィスに来なくてもいいよー♪」という文化は早く創るのに越したことはないですね。

 

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

 

 

アメリカ資本家の愛読書「肩をすくめるアトラス」とは

肩をすくめるアトラス

f:id:keisuke_chiba:20170322155800j:plain

この「肩をすくめるアトラス」は、1991年にアメリカの議会図書館が行った調査で、20世紀アメリカで聖書についで読者の人生に影響を与えた本とされたようです。

それほど、影響力を与えた本と知って、僕は読み始めました。

全1270ページにも及ぶ小説だったのですが、小説を読んだことがなかったので、新たなる挑戦でもありました。

時間をも見つけて、ひたすら読みましたが、ストーリーが面白く、飽きることなく読み終えることができました。

 

簡潔にいうと、

アメリカ経済を牽引して来た大資本家たちが、自分の力で築き上げた財産や技術、会社を、政府や議会、国民にことごとく邪魔され搾取されることに不満を覚え、コロラド山中に自分たちの村を作り、世界の崩壊を待ちたかり屋が死んだら自分たちの力で一から世界を作ろうとする物語です。

 

この本をなぜ読みたかったかと言いますと、

今の世界を牽引している人たちのバイブル書だからです。

スティーブ・ジョブズ、ピーター・ティール、ドナルド・トランプエドワード・スノーデンなどなど

著名人たちが読み、影響を受け、その世界を体現するために動いていると言われています。

 

アイン・ランドリバタリアニズム自由至上主義)の思想に触れたことがなかった私にとって、「こんな考え方もあるのか。」と考えさせられる一面もありました。

 

リバタリアンに賛成反対ということではなく、アメリカ大統領がトランプになり、世界を席巻している資本家たちが自由至上主義を考えているのであれば、世界の動向は、自由至上主義的に傾くことは考えられます。

 

そのため、「肩をすくめるアトラス」を読めば、トランプの発言やピーター・ティールの行動が今までよりも納得がいくところがあるかもしれません。

 

気になったフレーズを紹介します。

己の人生とその愛によって私は誓う

私は決して他人のために生きることはなく

他人に私のために生きることを求めない

この言葉は、この本のキーワードでした。

 

財産とは人生を拡大する手段にほかならない。それには二つのやり方がある。より多く生産するか、より早く生産するか。早く生産することで、時間を作ることができる。

多くを生産して蓄える財産は、お金。

早く生産して蓄えられるのは時間。

皆が、互いの生産物を使って寿命を延ばし、時間を作るために生産物を使うから、彼らの生産物を使えば自分も寿命が伸びる。

谷の村では、互いに自由でありながら、共に成長している。

自分の人生を所有してそれを成長に注ぎ込むことよりも素晴らしい財産があるだろうか?

生きている限り成長するか破滅するかの二択。

 リバタリアンの本質は、お金という財産を築くことではなく、時間という財産をいかに多く蓄えるかだと感じた部分です。

資本家も貧乏人も唯一平等なのは、「時間」だけです。

いかに時間をたくさん蓄えて、好きなように生きられるかを重視するというところに共感しました。

 

肩をすくめるアトラス

肩をすくめるアトラス

 

興味がある方はぜひ、読んでみてください。

 

 

Who is John Galt?