Roamers Lifeという生き方

国を超えて多拠点生活を目指す奮闘記

指数関数的な飛躍型企業を創るには

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

  • 作者: サリム・イスマイル,マイケル・S・マローン,ユーリ・ファン・ギースト,ピーター・H・ディアマンディス,小林啓倫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

この本は、めちゃくちゃ勉強になりました。 

20世紀までは直線的な企業成長が一般的でしたが、21世紀の企業は、指数関数的な成長を遂げています。インターネットの登場により、物質社会から情報社会へと移り変わってきました。

この本では、シンギュラリティ大学で教えている21世紀型の経営理論が紹介されています。

 

シンギュラリティ大学とは

f:id:keisuke_chiba:20170331144214j:plain

そもそもシンギュラリティ大学とはなんだ思われるでしょう。

ウィキペディアによると

シンギュラリティ・ユニバーシティは、アメリカ合衆国シリコンバレーを拠点とする教育機関である。ユニバーシティと名が付いているが、独自の校舎もなく学位の授与もない。

と書かれています。

シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイル氏やヤフーの社内インキュベーター、ブリックハウスを立ち上げたイスマイル・サリム氏が創立した大学です。

本書によると、

シリコンバレーにあるNASAリサーチパークの敷地内に置かれ、大学院生向けのプログラムやエグゼクティブ向けのプログラムなど、様々なカリキュラムを提供している。

ただ、柔軟なカリキュラム設定をしているので、大学として認定は受けていません。そのため、学位などは与えられませんが、最先端の技術動向を学べ、世界トップクラスの研究者や経営者とネットワークが構築できるとあって人気を集めているそうです。

 

 

シンギュラリティとは?

f:id:keisuke_chiba:20170331144710j:plain

シンギュラリティってなんなの?となっている方もいるかと思います。

シンギュラリティとは、『特異点』という意味です。特異点というのは、今までの想像を超越するような現象が起きることを言います。

ここで言われているのは、技術的特異点のことで、最近話題の人工知能(AI)やブロックチェーンなどテクノロジーにおいての特異点のことです。

 

 シンギュラリティは、2045年に起きるだろうと言われ、45年問題と言われることがありますが、レイ・カーツワイル氏の新しい見解によると、テクノロジーの発展が加速していおり、2029年にシンギュラリティが起きるそうです。

シンギュラリティは、刻々と向かってきています。

 

 

飛躍型企業とは 

f:id:keisuke_chiba:20170331145309j:plain

本書では、

飛躍型企業 (Exponential Organization, ExO)

加速度的に進化する技術に基づく新しい組織運営の方法を駆使し、競合他社と比べ て非常に大きい( 少なくとも10 倍以上の)価値や影響を生みだせる企業。

 と定義されています。

 

指数関数的な成長を成し遂げる飛躍型企業は、スタートアップのみならず、中小企業・大企業そして、 政府までもが可能であると言っています。

 

そして、その具体的なメソットが本書では書かれています。

具体的な内容は書けませんが、飛躍型企業(アップルやグーグル、ウーバー、エアービーアンドビー....)の事例をあげながら、「どんな経営理論を用いるのか?」「どんな指標を用いるのか?」「どのような思考法なのか?」などについて書いてあります。

 

飛躍的成長を実現させたい方必見ですよ! 

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法

  • 作者: サリム・イスマイル,マイケル・S・マローン,ユーリ・ファン・ギースト,ピーター・H・ディアマンディス,小林啓倫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 合わせて読みたい本としては、エリック・リース氏のリーンスタートアップですね。

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ